【風俗体験談】高学歴高身長イケメン高収入の私たちの全身全霊全財産をかけた様をとくとご覧くださいませ!!

風俗で予想以上のサービスを受けた

適度なムチムチ感を持った30代の風俗嬢が今回のお相手。見た目は結構若めに見えて、見た目は20代に見える。写真との違いはあまりなく、風俗では珍しく当たりくじだと思った。アシストで服を脱がしてもらって、こっちも彼女の服を脱がす。会話しながら結構良い雰囲気の中で始まった。仲良くシャワーで身体を洗い合い、ベッドイン。まずはこっちがナメナメしてあげることに。胸から徐々に下半身へと進ませていき、クリ辺りを集中的に舐めてあげた。これに彼女も感じまくってくれて、今までの風俗の中で最高に興奮した。ギンギンにフル勃起したペ○スを丁寧にフェ○してもらって、最後は素股をお願いした。お互いに急所を擦り合わせる形で、彼女の股へ大量の精液を発射した。価格的にどうなのか正直不安な部分が多かった。が、想像以上の女性と出会えたので個人的には満足してる。予想以上のサービスと、相手になってくれた風俗嬢の出来栄えには感謝です。最高でした。

病的に好きな風俗ジャンル

おっぱいが小さめの顔立ちの良い風俗嬢が聖水プレイしてくれる、との事で即決。清楚系でとても聖水プレイをするような感じじゃない。シャワールームで一通り身体を流し終わったところで、さっそくお願いした。すると、シャワーを流しながらする、と言い出したのでそれはさすがに止めた。それではチャーハンが美味いというラーメン屋で中華丼を頼むようなもの。しっかりとこっちに向かってM字開脚をして出す、という事を譲りはしなかった。何よりも音が聞こえないのが許せない。けど彼女は「あはは」と笑って誤魔化し始める、かわいいけどそれは卑怯だ。何とか拝み倒してやってもらうことになった。なんでこっちがお金払ってんのにここまでお願いしなきゃならないんだよ、と正直思った。けど、せっかく漕ぎ着けたので口には出さなかった。彼女はM字に脚を開き、こっちに身体を向けた。もちろん彼女は顔を俯かせていた、そう、その恥ずかしがっている姿が良い。そして彼女のアソコからシャーっと放物線を描き出てくるおしっこが。「もーっ、恥ずかしすぎますっ」と綺麗な放物線が乱れ始めていた。その姿を見ながらひとり満足に頷く私だった。こういう風俗ならではの特殊なプレイができる風俗店はこれからもがんばって欲しい。幅の狭いニーズだが、そこが病的に好きなユーザーもいるのだ。