風俗で拒まれた理由

風俗で拒まれた理由

投稿日:2015年8月7日 カテゴリ:高学歴だって行ってる!風俗体験談

シャワーを浴びていたときに、ついシタくなってしまいさりげなく風俗嬢の股下へ手をしのばせた。すると思っていた以上の驚きをみせた。目を見開き、首を左右に振る風俗嬢。「今はちょっと止めて欲しい」とのらしい。仕方が無いのでそのまま身体を流されるままで待った。ベッドの上では普通で、こっちが攻めようと胸を揉みながら乳首を舐め、下半身へ手を這わせると彼女の手が止めてきた。「さっきからどうしたの?」と尋ねると、彼女かなり敏感らしく男の人の身体を触るだけでじわりとくるとのこと。どういうことだ、と思いながら下着越しに股下を触れると、じわりどころかヌチャヌチャ状態に濡れていた。かぁーっと顔を真っ赤にする彼女、シャワーの段階からもうキていたとのこと。序盤でバレたくないとのことで拒んだという。そんな感じやすいのか、と思って彼女の両脚を持ってマングリ状態に。そこからク○ニをしてあげた。するとすぐにイっていた。あまりにも簡単にイってしまう姿が楽しく、舌や指も織り交ぜて攻めてあげた。女の人にも早漏っぽい事があるんだ、と思った風俗体験。